「準中型自動車」免許が新設されます

ニュース

「準中型自動車」免許が新設されます
  • LINEモバイル

トラックの免許が大きく変わります!

平成29年3月12日に新しい運転免許制度が施行されます

平成27年6月17日に公布されました
「道路交通法の一部を改正する法律」により
【準中型自動車】免許が新設されることになりました。

新しい【準中型自動車】は
若い人たちがトラックドライバーの仕事が出来るように新設された免許で
普通自動車の免許保有を前提とせず、18歳で取得できる免許なんです。

【準中型自動車】免許によって
若い人たちがトラック運送業界への就業間口が大きく広がり
高校新卒者をはじめとして若年ドライバーの積極採用に
大きな期待が出来る免許なんです。


「準中」免許導入後はこんな感じです

「準中型免許」のポイント

1、車両総重量3.5トン以上7.5トン未満のトラックが対象

2、基礎的免許として18歳で普通免許がなくても取得が可能

3、免許取得時の技能教習は普通免許より7時限プラス

4、現行普通免許保有者は自動的に「5トン限定準中免許」に移行

5、「5トン限定準中免許」の限定解除教習は4時限


準中型免許の分かりやすいまとめた動画です

※動画最後の免許センターの案内は「新潟県」になります
 全国の免許センターは下記のサイトからご確認ください。

出典 http://untenmenkyo-center.com


「準中型免許」 Q&A

ズバリ!あなたの疑問に答えます!!

Q1 :初めての運転免許取得は「普通免許」より「準中型免許」がいいですか?

A1:新しい、 「準中型免許」は 「普通免許」と同じ年齢から
  車両総重量7.5トン未満のトラックを運転できる
  【生涯有益なライセンス】として
  普通免許より高い付加価値も見出すことができますので
  初めて免許を取得する若い方は、可能な限り
  準中型免許を取得することが得策といえるでしょう。

Q2:平成28年に18歳になりますが、どうしたらいいですか?

A2:準中型免許の新設に伴う改正道交法は
  平成29年3月12日に施行されますので、まだ運転免許を取得していない方は
  施行前に普通免許を取得すれば
   車両総重量5トン未満のトラックを運転することのできる限定免許になります。

  また、その後に限定解除したり、中・大型免許に移行をする時も
  教習時間などが短くなるメリットがありますから
  現行の制度のうちに「普通免許」の取得を強くオススメします。

Q3:現在の普通免許はどうなりますか?

A3:平成19年6月以降の普通免許は自動的に
  「5トン限定 準中型免許」とみなされ
  車両総重量5トン未満のトラックの運転はできます。

  さらには、運転免許試験場で限定解除審査に合格するか
  指定自動車教習所で4時限(最短)の技能教習を受け
  技能審査に合格すれば、5トン限定が解除され
  新しい「準中型免許」になります。

Q4:準中型免許の適正検査(適正試験)はどうなりますか?

A4:準中型免許の適正検査(適正試験)は現行の
  中型・大型免許と同じ合格基準になります。

  ※深視力があります

  なお、5トン限定準中型免許については
  現行の普通免許と同じ合格基準になります。

  一方、「5トン限定を解除」した方は、次回の更新時に
  準中型免許の 適正検査を受けることになり
  その基準に満たない場合は、普通免許になってしまうので
  注意してください。

Q5:準中型免許でも、初心者マークは必要ですか?

A5:運転経験がない準中型免許取得者(最初から準中ということ)は
  免許取得後の1年未満は表示義務の対象になります。

  ※ただし、 準中型免許取得者が普通自動車を運転するときは
   表示義務の対象とはなりません。

  さらに、初心者マークをつけた準中型自動車に対しては
  保護義務の対象にはなりません。


どうでしょうか?「準中型免許」分かりましたか?

さらに詳しいことは、下記のサイトにてご確認下さい

全日本指定自動車教習所協会連合会

出典 http://www.zensiren.or.jp

全日本トラック協会

出典 http://www.jta.or.jp


みんなの声

新規に免許を取得を希望してる方、トラックドライバーを検討してる方は

しっかりと確認して下さいね♪


現行の普通車の免許を取得するための
教習所での全カリキュラムが解説されています。
かなり役に立ちますよ!
▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

1
LINEモバイル

関連記事

ピックアップ!